01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

奇譚の演繹 for MH to 浪漫

主にモンスターハンターに関係する記事、他ゲーム、私事の日記を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

テオ大剣立ち回り(私見) 

この記事を参考にしたことによるいかなる被害も当方は関知致しません。予めご了承ください。


■立ち回り
基本的な大剣の動きである納刀状態で、動き回るテオを追いかけ回したり攻撃を誘発してその隙に攻撃していく形になる。
怒り時の方がこちらの攻撃タイミングは多くなる。
テオの正面にいるのは行動後の硬直以外は危険。
飛び掛かったり走っていったテオを追いかける時は軸をずらしながらにする。
また、同じ人を連続で狙ってくる場合が多いので油断せずに回復や回避などをしていく必要がある。
テクニックだが、 抜刀斬りはテオの顔の奥で刀身の下側を当てる様にして進行方向にコロリンか、切っ先を当てて棒立ちか横コロリンで突進等の範囲外に出られたりする。

■火炎ブレス(非怒り時)
顔の近くにいる場合は、頭の下に潜り込んで溜め3を狙うか終わり際に抜刀斬りを当てにいく。
頭の下に潜るのがリスキーと感じたら前脚に溜め3でもいい。
遠くにいる場合は、テオから見て左側の方が近づきやすい。

■近距離粉塵爆破(非怒り時)
この攻撃の予備動作であるテオの顔の動きが素早いとやってくる。
テオの顔を時計の6時、尻尾を12時としたら粉塵爆破は5時から7時に順に爆破されるので、5時当たりの当たらない位置にいれば素早く頭に近づける。
最速でいけば溜め1が間に合う。
尻尾の先辺りまでは範囲外かつ、爆破後に大体同じ位置に戻ってくるので溜め3を狙える

■遠距離粉塵爆破(非怒り時)
この攻撃の予備動作であるテオの顔の動きがゆったりだとやってくる。
隙だらけなので積極的に顔や脚に溜め3を狙っていきたい。

■空中火炎ブレス(非怒り時)
2パターンモーションがある。
その場で一周するパターンは、最初の顔の位置を覚えておいてそこで溜め始める。
前進しながら蛇行ブレスのパターンは、追いかけて顔を狙う場合は溜めを妥協もしくは抜刀斬り、脚を狙うなら溜める。逃げる場合は顔の位置を予測して溜める。

■猫パンチ粉塵着火(怒り時)
猫パンチは出が速く頻度も高いので油断してると当たってしまい、事故のもとになる。
粉塵着火するモーションを確認したら、粉塵の位置と爆破範囲を見極めて顔に溜め1や抜刀斬りを当てにいく。

■バックジャンプ粉塵着火(怒り時)
バックジャンプ後は突進かこれの二択。
速く近づけたなら溜め1〜2、それ以外なら抜刀斬りにする。

■尻尾振り粉塵撒き(怒り時)
尻尾の下にいるなら基本テオにコロリンし続けて脚を潜ったりして範囲外に、それ以外なら顔に溜め1や抜刀斬りを当てにいく。

■前方粉塵爆破(怒り時)
顔を狙うなら、爆破範囲外で待機して抜刀斬りを当てにいく。
後ろ脚を狙うなら、隙だらけなので溜め3を当てにいく。

■後方粉塵爆破(怒り時)
隙だらけなので積極的に顔に溜め3を狙う。

■粉塵爆破ブレス(怒り時)
顔を狙うなら基本的にテオから見て右側で溜めを狙う。
溜める位置は右脚付近にする。
最速で溜めようとすると、最初の爆破ブレスの対処の仕方が関わってくる。ブレスするまでにタゲにホーミングしてくるので要練習。(PTで他の人がタゲだと難しくなる)
左側は溜め1〜2で妥協か抜刀斬り。
後ろ脚を狙うなら隙だらけなので溜め3を当てにいく。

■地上前方ノヴァ(怒り時)
猫パンチを食らった直後にしてきたりする。
顔の近くで察知するのが速かったら溜め3を狙いにいける。
それ以外なら溜め1〜2か抜刀斬りで妥協する。

■スーパーノヴァ(怒り時)
怒り移行から100秒後にやってくる。100秒経過中に他の攻撃をしていたらそのモーション終了後にする。
スーパーノヴァの後は怒りが解除される。
できるなら顔の近くの範囲外で待機、判定が長いのでそれに注意して顔の降りてくる位置で溜める。
スポンサーサイト
2015/02/01 Sun. 00:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

テオ大剣ダウンループの解説 

お久しぶりです。
いきなりですが今回は、巷で噂のテオの大剣によるダウンループについて自分なりにまとめてみました。
間違った知識や勘違いもあるかも分かりませんが参考になれば幸いです。


※この記事はあくまでダウンループのポイントについてだけまとめたもので、ダウンループに失敗した時のテオとの通常の戦い方については範疇外です。通常のテオの立ち回りはこちらを参考にしてください→テオ大剣立ち回り(私見)
この記事を参考にしたことによるいかなる被害も当方は関知致しません。予めご了承ください。



■PT
3人からダウンループ可能。
3人だと1人のミスでダウンループがほぼ途切れてしまう。

■スキル構成
基本構成は下記の通りである。
要匠【3種+耳栓+α】
素紫【2種+耳栓+α】
αには弱特、攻撃UP、見切り、居合術などが入ってくる。
また、ダウンループ特化スキルとして
要匠【真打(or攻撃UP+匠)+集中+弱特+耳栓+フルチャージ+α】
素紫【攻撃UP+集中+弱特+耳栓+フルチャージ+α】
などがある。
これはダウンループが安定するPTで使うのであればより効果的である。

■開幕咆哮の動き
敵発見時にBGMが変わり、【テン、テン、テテテ、テン、テン、テテテ…】の後に咆哮が始まる。
これはエリアホストでのタイミングなので他の人はある程度予測を立てて溜める必要がある。
エリアホストの人は咆哮が始まる手前にサインを出してタイミングを知らせたり、こやし玉などを投げて強制的に咆哮させるのも手である。
溜める位置は龍風圧に当たらないように少し離れた位置にする。
3人の攻撃が頭に当たれば大体怯む。
当然であるが、一人先走ると他の人が間に合わなくなる場合がある。
また、咆哮開始の一瞬は抜刀できない仕様(?)があるので、その点も注意する。

■通常ダウンの動き
大まかな流れは【溜め3→横殴り→強溜め3】
強溜めはダウン復帰後の咆哮後の頭に当てる形になる。
3人の攻撃が頭に当たれば大体怯む。
テオの頭から少し離れた正面の位置で、頭が地面に接してから溜め始めるのがスタンダード。
溜め始めるのが遅いと感じたら、その大きさに応じて妥協して強溜めを当てるのを優先する。 (強溜めに間に合わないと感じたら普通の溜め3を合わせるのも妥協のひとつ)
強溜めを当てて怯んだ時、テオの頭が正面にある人(ただしテオと顔が近すぎると顎の下に押しやられる)はコロリンをせずに棒立ち。
それ以外でズレてると感じる人はコロリンして位置を調整する。
また、強溜め3をしてテオが怯まなかったらすぐコロリンせず、粉塵爆破のモーションに派生するのを確認したら強薙ぎ3を当てるのもテクニックである。

■スタンダウンの動き
大まかな流れは【溜め3→横殴り→溜め3→横殴り→強溜め3】
通常ダウンの内容全て共通である。
スタンが発生するのは横殴りを当てた時や居合持ちの人が納刀から当てた時であるが、横殴りで当てた時の場合に【強溜め3→強薙ぎ3→薙ぎ払い→溜め3→横殴り→強溜め3】が繋げられる。
しかし、モーションの都合上位置がズレるので使いどころは限られるしPTとの連携の問題もあるので、【強溜め→コロリン→位置調整→少し待って溜め3 or 納刀溜め3→横殴り→強溜め3】 にした方が安定度は高い。(位置調整に手間取ったら即溜め3 or 溜め1〜2で妥協)
PTと使いどころを見極めて使い分けるといいだろう。

■通常ダウン中のスタンダウン、スタンダウン中の通常ダウン
溜め3あるいは横殴りを横コロリンでキャンセルし、位置調整を行ってから前項目にある通り溜め3をする。
納刀は間に合うならしてもいいが、納刀スキル(居合)がないなら間に合わないことが多い。

■その他
ダウンループの特性上少しずつテオが前進するので、後方に空間が十分ある方が安定する。(つまり開幕で後方に空間がないMAPだとやりにくい)
連携が取れて、狙う意志が全員あるPTなら頭の斜めの位置で溜めてテオ咆哮時の軸合わせを利用し、少しずつカーブさせて方向転換させることができる。これで後方の空きを確保することもできる。
麻痺があるとダウンループしにくくなる。
睡眠は麻痺ほど安定しにくくはないが、慣れないうちは寝起きの溜め始めでズレて強溜めで揃わずダウンループ失敗になることがある。
2015/01/22 Thu. 23:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

偽トロ導入 

かなりお久しぶりです、凪沙耶です
最近偽トロを購入して、音声の取り込みや録音に四苦八苦しながら色々やってみた結果一応録画できたのでニコニコに投稿してみました





今のところの不満といえば、細かい解像度を偽トロビューア側で指定できないことですかね
iniファイルいじってみても、ウィンドウを手動でサイズ変更したみたいになるのであまり意味無いですし
自分がその方法を知らないだけかもしれませんが;
あと自分のPCのスペックが…

音声の取り込みは、マイク入力でステレオミキサーをオンにすれば大体いけると思います
ただ3DSジャックとPCのマイク端子をプラグケーブル直結でやると大抵ノイズが入って使い物にならないと思うので、RCAとステレオピンのオーディオケーブルで間にノイズキャンセラー挟んでステレオ入力端子があるキャプボでPCに繋げば、それなりの音質を確保できると思います

ゆくゆくはMADの作成もやっていきたいですね~
それではこの辺で失礼します さようならノシ
2014/05/10 Sat. 20:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

キュレムについての情報 

おはなんちは、なぎです

今回は新しい情報もでてたので、ぱっぱと語っていきたいと思います



キュレムについての新たな情報がでました・・・、というかけっこう前に出てましたね><


こちらです



15周年映画


※上の画像からその情報ソースに飛べます



そのページに書いてあるキュレムについての情報を浅く語っていきたいと思います



キュレム


"きょうかいポケモン"
タイプ:ドラゴン・こおり
とくせい:プレッシャー

「レシラムとゼクロムの力を併せ持つ、ドラゴンタイプ最強のポケモン。
最強の遺伝子を持って、ゼクロムとレシラムと同時に生まれた。
ブラックキュレム・ホワイトキュレムに姿を変えることができる。
体から、ものすごい冷気を発している。」





めちゃくちゃ重要な情報が書いてあるじゃないですかwww

つまりキュレムは、ゼクロム・レシラムの元の同一個体から同時に生まれた存在という訳でいいんですよね?

なるほど、だから"きょうかいポケモン”なのか だから両方の遺伝子を持ってるわけね

黒と白の境界色が灰色ですからね、元の同一個体が灰色という訳ではないのか

キュレムがフォルムチェンジしたら、タイプはどうなるんでしょう?ゼクロム・レシラムと同じになるのかな?

まだ、そのページにはブラックキュレム・ホワイトキュレムについての情報は書いてないのでそのうち公開されるでしょう

フォルムチェンジができるということは、聖剣士さんたちの相性補完がそれなりにできるのでフルボッコはなくなったかな?w

ウシキングに頑張ってもらいましょう(^^^^^^^^^)←ネンドール

それではこの辺で、失礼します
2012/03/06 Tue. 13:22 | trackback: 1 | comment: 0edit

ポケモン最新作 ポケットモンスターBW2 発売決定 

ちゃーっす、なぎっす

今日は朝から雪が降ってきて通勤時に少し寒い思いをしながら今帰宅してきました

朝早いとそれだけで気温の下げ幅が広いので大変ですね

それはそうと、今日は皆さん何の日かご存知でしょうか?

なんと今日は・・・















ポケットモンスター生誕16周年の日です!!!



いやいや~、おめでたいですね 去年も同じ事思ってましたが

まぁそれもあるんですが、昨日に発表されたことも取り上げてしまいますね



そうです、ポケモンの新作発表がでました


bw2-1.png

※上の画像から公式HPに飛べます




ブラック・ホワイトときて次にくるものといえば、マイナーチェンジ版の存在です

今までの作品から抜粋して言えば

GBの金銀シリーズなら「クリスタル
GBAのルビー・サファイアなら「エメラルド
DSのダイヤモンド・パールなら「プラチナ

などが挙げられます
その名の通り、「少しだけ変更」したものを指します 事実繰り広げられる舞台、登場ポケモン、シナリオはあまり変わっていません

まぁ言わなくても分かりきってることですが( ・´ー・`)ネェ?

そこで今回の新作発表については大変喜ばしいことですが、いくつか違和感を覚える部分があります

公式サイトにいってみてまず気づいたのは、タイトルです

今までの前例からいえば、タイトルにナンバリングがついたのは今回が初めてではないでしょうか?

そもそも、この新作はBWのマイナーチェンジなのでしょうか?

マイナーチェンジが2つも同時に出るというのも今まで無かったですよね リメイクならありますが

製作陣がどういった思惑でこういう風にしたのかとても気になりますが、まだ情報が揃ってないのでこれから動きがあれば記事にしていきたいと思います



次は、今出てる新作の具体的な内容から語っていきたいと思います なのでBWの内容に少し触れることになります



公式サイトに行くと、おそらくパッケージの表紙になるであろう画像が出てきますよね

この2匹はおそらく、前作の看板モンスターである『ゼクロム』『レシラム』が『キュレム』というクリア後にでてくる伝説のポケモンと融合したポケモンであるというのはまぁ知っている人なら普通に分かりますね

BWのマイナーチェンジとして予想されていたのはグレーとかクリアとかとかとか・・・

シナリオからもゼクロムとレシラムは元は1体のポケモンだった的なことが書かれていますので、それに倣って黒と白を混ぜあわせたグレーやら、唯一の存在としてのクリアとかが挙がっていました

で、実際は前に述べたようにそうなった訳です

なぜにキュレムと合体したのか? そもそもキュレムってなに? といった疑問があがってきます

ヒュラララ


めんどいので画像貼ります コイツがキュレムです

キュレムは氷・ドラゴンタイプの「きょうかいポケモン」で、体の色も灰色に近いのでやっぱりなにか関係があるんじゃないのとか言われてましたのでコイツがマイナーチェンジの看板になるかと思われていたんですね

まさか合体してくるとは思いませんでした

コイツは覚える技に氷タイプで麻痺の追加効果を持つ「フリーズボルト」と、氷タイプで火傷の追加効果を持つ「コールドフレア」っていうのがあります

ゼクロムとレシラムはそれぞれ電気・炎のドラゴンなのでやっぱり関係性が強いですね

近々新しい映画にキュレムが主役としてでてくるので、そこでもなにか掴めるかも知れません

まぁキュレムの相手は準伝説のそれぞれ草・鋼・岩・水の格闘4匹が相手なので相性的にフルボッコになりますが、アニメだとそんなのほとんど関係ないのでどうなるのでしょうね


それではこの辺で失礼しますノシ

それと



ポケモン16周年、改めておめでとうございます!

2012/02/27 Mon. 18:52 | trackback: 1 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。